マンション選びのポイントは収納にアリ

収納は大きな課題になり得る

最近のリフォームでは、わざわざ一室をつぶしてウォークインクローゼットにするパターンも増えているようです。
たしかに、収納上手になるには限界がありますし、そもそも収納のためのスペースがなくては始まりません。
だからこそ、最近のマンション選びのシュミレーションでは収納部分を考慮に入れることが多いのです。
とくに販売予定物件では、収納についての熱心な説明を行なう販売員が増えています。
しかし、一室をクローゼットにしている物件は魅力的ですが、それには向き不向きもあり、さらにはメリットと思えることもデメリットもあります。
メリットとしては、とにかくスーツなどをたくさん収納しておくことができることです。
仕事柄衣装をたくさん持っている人や、衣装を良い状態で保管しておきたいという願いを持っている場合には、やはりウォークインクローゼットが魅力的に映るかもしれませんね。
しかしながら、展示的要素やそれぞれを一定の間隔で保管できるという利点はあるものの、歩くスペースが必要になりますから、実際の収納効率という面で考えると、片面収納の場合に比べて効率が悪くなります。
つまり、限られたスペースを有効活用したいという方にとっては魅力的ではない収納方法ということになります。
その一方で、各部屋にクローゼットを設けるくらいなら、衣装をまとめて一括で管理したいという場合には考慮に値します。
賃貸マンションでもいろいろな工夫が凝らされて収納に力が入れられている場合がありますので、まずはこれという決まった考え方を持つのではなく、ある程度の柔軟な発想を持って見学に出かけていくといいでしょう。
場合によっては一つの部屋を潰して収納にするという斬新な発想をする方もおられますが、それでは衣類にトラブルが発生することは必須です。
とにかくウールなどの高級素材の場合にはすぐに虫がついてしまうので、できれば密閉された空間に閉じ込めておき、防虫対策などをしっかりと施すべきでしょう。
また、収納スペースはただ物を詰め込むことを効率的に行なえればそれでいいというわけではありません。
肝心なのは掃除などの管理のしやすさです。
だからこそ、個人で斬新な発想をするよりも、ある程度の方にある程度の満足を与えている仕方での収納で手を打っておくこともできるのではないでしょうか。
いったん住み始めると、その後にいろいろ変更するのは困難を極めることになりますので、事前の調査やシュミレーションによって、できるかぎり理想に近づけるようにしましょう。

注目情報